無利子での借入

無利子での借入は普通はできません。必ず利子がついて、その利子で企業側が利益を出すといった形になっています。しかし就学や修業などの一定の理由のために貸付金の制度を受けられることがあります。家が貧しくて進学ができない場合や、手に職を付けたくても学ぶためのお金がないなどの場合に制度を利用できます。無利子なのでもちろん審査は厳しくなります。親の年収や家族構成など、周りに援助できる人が本当にいないかどうかを確認するために細かな書類を提出する必要があります。めんどくさいことは多いですが、そのおかげで進学できたりするわけですから我慢して手続きをしましょう。大学に進学しないと就職もうまくいかない四の中ですので、できるだけ進学した方が良いです。大学に進学してしまったから、家族に不幸があってお金がなくなってしまった場合は、成績が優秀だと返還の必要がない奨学金があったりします。それを利用するか、親の収入状況によっては利子の少ない奨学金を借りることができますので、すぐに退学を考えずに学生支援課などの専門の課に相談して一緒に方法を考えてもらうと良いと思います。高卒だとその後も苦労しますので、色んな手を使って進学した方が良いでしょう。