子供が無戸籍にケース

離婚後300日問題によって、子供が無戸籍になってしまうケースが増えていることが問題視されています。
出生届には父母の名前が記載されます。父母が結婚してる場合には夫を父、妻を母とする出生届を出せば受理されます。何らかの事情によって子の父親が夫ではない場合でも、婚姻中に生まれた子の父親は夫と見なされます。また、離婚後300日以内に出生した子供も、法律上は前夫の子と見なされます。離婚後に別の男性と子をもうけた場合でも、夫以外の男性を父親とした出生届は受理されません。したがって、戸籍上の父親も前夫の名前で記載されます。
夫以外の男性との子であるにも関わらず、戸籍上で前夫が父親とされてしまう事を防ぐために、届けを出すことができない母親がいます。その結果、子供が無戸籍になってしまう問題が発生しています。
戸籍上の子の父親を血縁上の父親にするには、一旦前夫の名を父親として記載した上で、『親子関係不存在確認』の調停をする必要があります。しかし、DNA鑑定をしなければならないなどの煩雑さがあります。前夫と連絡が取れない場合、または前夫の暴力から逃げている場合など、調停することもできません。
離婚が増え、ライフスタイルも多様化している現代では、法と現状に開きが生じています。法改正を求める声も上がっています。2007年から、医師の証明書により妊娠が離婚後であることが証明できるケースに限り、血縁上の父親の名を戸籍に記載することが認められています。しかし、制度により救済されるのは、全体の一割程度とも言われています。
法律の改正をしない限り、無戸籍の問題は解決しないでしょう。