医療費関連

偽装離婚や偽装母子家庭といった社会問題が深刻となっています。理由はそれぞれでありますが、離婚をすると生活に困難な場合などに対して、様々な福祉援助を受ける事ができます。これら、偽装離婚や偽装母子家庭というのは、この優遇措置を受けるために制度を悪用し、不正受給を受けようとする事が目的です。
kodomo02_lもちろんこういった偽装をする事は、不正な事なので絶対に行ってはいけません。しかし、こうした不正が少なからずとも存在しているのが実情です。具体的に、離婚を行い8歳未満の子供がいるひとり親家庭には、親と全ての子供の医療費が無料になります。母子家庭に限定せず、最近では父子家庭にも同様の優遇措置を受ける事ができます。ただし、これには所得制限があるのですが、こうした医療費助成を不正に受給するために、書類上だけの離婚で実際は同じ家に住むといった悪質な手口が見受けられます。その他、片親家庭には優遇措置が制定されていますが、この医療費問題だけではなく、児童扶養手当や生活保護といった分野でも不正に受給している人が見受けられる事から、こうしたサポート面の審査のより精度の高い方法を求める声が上がってきています。こうした財源は、税金で賄われており、その重みを感じる必要があります。