*

婚約する前に赤ちゃんを授かって、それをきっかけに籍を入れることを授かり婚と呼びます。昔はできちゃった婚などと呼ばれて、マイナスなイメージが強かったようですが、近年は妊娠してから結婚するカップルが増えてきており、賛否両論あるようです。ダブルでおめでたいとか結婚の覚悟やきっかけが出来るというメリットがあるとか、経済的な面や環境に問題がなく、結婚を前提にお付き合いしているのであれば、順番は違うけれど妊娠して結婚をするのも問題ないんじゃないかと感じる人も多いです。最近では、マタニティ用ウェディングドレスや妊娠中でも安心な結婚式プランなども充実しており、出産費用を考慮してリーズナブルなお値段で式を挙げることが出来ます。その一方で、なんらかの利点があるために婚姻生活の実態のない偽装結婚をする人も増えてきています。ビザを取得することを目的としたケースや犯罪目的だったり、同性愛者などが社会的な信用や生活の安定を得るためや子どもが欲しい為に、望んでいない結婚をする場合などがあります。近年、海外では同性愛者の婚姻を認める制度が出来たり、事実婚などの多様性が広がっています。あまり偽装結婚というのには良いイメージはなく、詐欺や脱税など犯罪に繋がっていく場合が多くみられます。